企業法務に転職する時のポイント

当サイトは、企業法務部門で働きたい方に向けて、仕事内容や求められる人材、更には転職活動の注意点などが分かる情報サイトです。
まずはこちらでは企業法務の仕事を探すときのポイントなどを紹介します。

研修やセミナーに参加する

一つ目に研修やセミナーに参加してみるということ。
企業法務と言っても、色々な業界があるものです。
そして、企業法務へ就職・転職を考えている人は、多かれ少なかれ情報をほしがっているもの。
もし、そんな情報がほしいと考えている人は、セミナーや研修会に参加してみるといいでしょう。
このようなところでは業界の、就職情報に関して情報交換をすることができますし、同じ目的を持つ仲間と出会い、共に道を目指すことができる可能性があります。
また、企業法務に就職するために、最低限身につけておきたい知識に関しても解説をしてくれますので、色々な知識を得ることができるでしょう。

セミナーや研修に関して調べるなら、下記のサイトが便利です。
>>>企業法務ナビ
調べてみると、本当にたくさんの種類の研修がありますので、「法務の仕事を目指す」とがんばっている人には、何かヒントになるようなものがあるかもしれません。

海外に目を向ける

次に、海外に目を向けるということ。
法務の仕事は、日本国内だけにとどまりません。
むしろ、調べてみると「海外に進出する企業の間での活躍が目立っている」ということも。
海外進出をしている企業だと、現地の法律を熟知した上で企業を作るというのは当然です。
現地に行けば、その企業に適用されるのは日本の法律ではなく現地の法律。
つまり、きちんと現地の法律について調べないと、外国に支店をつくることはできないのです。
今は、日本のコンビニですら海外に支店を出す時代になっていますので、今後も「外国に行く企業」に関しては増加傾向にあるでしょう。
そんな中で、外国の法律に詳しい人材は必ず重宝されます。
もし、これから法務の仕事を目指すなら、やはり海外の法律に目を向けてみるべきではないでしょうか。

外国語に強くなる

そして、外国語を話すことができる人材は重宝されます
これから企業法務の仕事をするなら、やはり重宝されるのが「英語」など「海外の言語を話すことができる人材」。
法務に限りませんが、やはり英語で日常会話ができるような人材は強いです。
企業法務の求人を見てみると、英語による日常会話をすることができるかどうか、という点はかなり重視されているようで、求人票に「TOEIC750点以上」などの条件が記載されていることも少なくありません。
また、英語以外だと韓国語や中国語などが重視されていますので、こちらの言語を話すことができる様に努力をしてみるのもいいかもしれません。
今後、企業法務を目指すなら、やはり外国語を学ぶのは必須だと思われます。



Both comments and pings are currently closed.