株主総会・取締役会を行います

株主総会や取締役会に関わる企業法務について紹介します。
その役割を語る前に、まずは株主総会と取締役会がどんなものなのかについてお話しましょう。
参考:株主総会とは?(オールアバウト)

株主総会は、大体6月に行われることが多いとか。
このシーズンになると、テレビや新聞でも自然と株主総会の話が多くなりますので、自然と総会について耳にすることがあるでしょう。
特に、芸能関係企業の株主総会はとても華やか。
今は中止されてしまっている様ですが、株式会社エイベックスでは株主総会で人気アーティストのコンサートを開催していましたし、吉本興業では、お笑い芸人がお笑いライブをしてくれます。
また、飲食系の企業の取り組みも面白いですね。
アサヒビールでは、ビールを配布するなどの取り組みも行っているそうで、株主にはかなりの人気とか。
株主を増やす為に、企業では様々な取り組みをしているのです。

6月には企業の決算が出ますので、この決算が出た後に株主総会が行われることになります。
株主総会の大きな特長として、株主が議決権を使って、企業に言いたいことを言うことができるというものがあります。
例えば、株が下がった場合にはその理由を説明してもらったり、不祥事が起きた場合は、その原因究明についての質問をすることができたり、株主総会は株主と企業がしっかりとコミュニケーションをとることができる場所なのです。

次に取締役会は、企業の中でも重役が集まり、企業としての意思を決定する会のことを言います。
この会が行われることにより、企業がどういう道を進むのかが決定されるといっても良いでしょう。
上場企業が株主総会を開く上で、必ず設置しなければならないのが取締役会になります。
参考:取締役会とは

このふたつの会に、企業法務は積極的な役割を果たします。
取締役会・株主総会ともに、運営は企業法務が行うもの。
上場企業に限られるようですが、上場している企業にとって必要な株主総会や取締役会は、とても大切なことになるでしょう。

また、M&Aなどにも深く関わる仕事です。
M&Aは企業にとって非常に大きな決断となりますので、ここに企業法務は関わるのです。
こうして書いてみるだけで、企業法務の仕事の大きさがとてもよく解るのではないのでしょうか。
取締役会・株主総会もそうですが、企業が「何かをしたい」と考えた時、必ず必要になるのが「法律に関する知識」になります。
法律のプロである企業法務の影響は、とても大きいのです。



Both comments and pings are currently closed.