どうやって企業法務に転職する?

企業の中で「法律に関する部分のスペシャリスト」となる企業法務。

蒸すかしい仕事であるだけに難易度も高いですが、やはり「やってみたい」「この仕事に興味がある」という人も少なくない様で、多くの人がこの仕事に興味を持っている様です。
では、企業法務の仕事に転職をするにはどうしたらいいのでしょうか。

どんな業界でもそうですが、「就職をしたい」と考えるなら、情報収集をするのは基本中の基本です。
巷で「企業法務に関する求人」を探してみると、かなりたくさんの求人を見つけることができますので、ここで自分がやりたいと思える「企業法務に関する求人を探してみましょう。
企業法務と一言でいっても、色々な業界で募集されている職業ですので、「自分に向いている業界はどんな業界か」を考えた上で、自分が活躍できる分野を探してみると良いでしょう。

また、考えておきたいのが「未経験者の就職」。
法務で働く人材の募集は、やはりほとんどが「実戦経験がある人」というものです。
これは、企業を作っている存在ともいえる「法律」を扱う仕事である為に、「やはり、実戦経験がある人でなければ難しいのではないか」という流れによるものです。
確かに、企業法務の仕事はハードですし、責任も非常に重いので、初心者がやろうと思ったら大変な苦労があるかもしれません。

だから「初心者には全くチャンスがないのか」といわれたら、そうではありません。
求人サイトでは、未経験者を募集している企業もあります。
この様なところを探せば、未経験であっても就職することは夢ではありませんので、チャレンジをしてみて下さい。

未経験者でもOK!となっている求人は、当たり前ですが応募さが殺到することが考えられますので、できれば他に差をつけるアピールポイントを持っておきたいもの。
例えば、ビジネス実務法務検定などに合格をしておくと、コンプライアンスに関して一定の知識があることをアピールすることができるのではないでしょうか。

この業界、とにかく就職したかったら「アピール!」です。
英会話をはじめとした外国語を話すことができるなどは、かなりのアピールになります。
とくに海外進出を果たしている企業では、主に英語を話すことができる人材の確保を急いでいますので、「ビジネス英会話ができる」というのは就職に一歩近づくことができるポイントになるでしょう。
また、日本国内だけでなく、海外の法律に関して強いことも、非常に大きなアピールになるでしょう。



Both comments and pings are currently closed.